[Windows] Windows 10アップグレードを使って32bit版を64bit版にする

常用しているWindows 7にWindows 10への無償アップグレードの案内が表示されるようになった。Windows 7のままでも機能的に困ることは無いのだけど、32bit版なのでいかんせんメモリが厳しい。VMでCentOSホストを立ち上げてVisual Studio Codeでコーディングとかしていると、メモリ使用量が頻繁に95%を超える。作業効率が悪いったらない。

聞くところによると、Windows 10に無償アップデートすることで32bit版を64bit版にできるらしい。実際にやってみたら確かにその通り。ただし、32bit版のままWindows 10にアップデートした後に、64bit版をクリーンインストールする必要あり。面倒といえば面倒かもしれないけど、インストールされているソフトやドライブ上のファイルを整理するのに良い機会だったかもな。

参考サイト

Windows10アップグレード時に無料で32bit版を64bit版に変更する方法 | たびびとライフ
http://tarelife.com/windows10-update-32to64/

Tech TIPS:Windows 10をクリーンインストールする手順と注意点 (1/2) – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1604/08/news047.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です