[PIC] melabs製のPIC評価ボード「LAB-X1」の概要

関係先からmelabs製のPIC評価ボードが提供されたので概要を理解しておく。

外観

melabs-LAB-X1

microEngineering Labs Online Store: LAB-X1 Experimenter Board (Assembled)
http://store.melabs.com/prod/boards/LABX1A.html

特徴

  • 入力: 16スイッチキーパッド、3 x ポテンショメータ、IR、温度、リアルタイムクロック
  • 出力: LEDバーグラフ、2×20 LCDモジュール、スピーカー、DTMF、PWM、IR、2 x RCサーボコネクタ
  • I/O: RS232インタフェース、RS485インタフェース
  • シリアルEEPROM: IC2、SPI、Microwire
  • その他: リセットボタン、5Vレギュレータ、PICmicro MCU用の40ピンZIPソケット
  • ジャンパで選択可能な4MHzから20MHzの発信器
  • インサーキットプログラミング/デバッグコネクタ
  • 追加回路用のプロトタイピングエリア
  • サイズは5.5×5.6インチ

標準版に含まれるもの

  • PICmicro MCU用の40ピンZIFソケット
  • 5Vレギュレーター
  • ジャンパで選択可能な4MHzから20MHzの発信器
  • リセットボタン
  • 16スイッチキーパッド
  • ポテンショメーター x 3
  • LEDバーグラフ
  • 2行20列LCDモジュール
  • スピーカー
  • RCサーボコネクタ x 2
  • RS485インタフェース用ソケット
  • I2CシリアルEEPROM用ソケット
  • SPIシリアルEEPROM用ソケット
  • MicrowireシリアルEEPROM用ソケット
  • リアルタイムクロック/シリアルA/Dコンバータ用ソケット
  • Dallas 1620/1820温度IC用ソケット
  • EPICインサーキットプログラミングコネクタ
  • Microchipインサーキットデバッグコネクタ用のワイヤーリング
  • 追加回路用のプロトタイピングエリア

PICのプログラミングは、同社製U2 Programmerを接続してパソコンからUSB経由で行う。

melabs-LAB-X1

この基板1枚でいろんな実験ができそう。

参考サイト

melabs – Support Documents
http://melabs.com/doclist.htm#X1

mebals – PICBASIC PRO Compiler Example Programs
http://melabs.com/samples/index.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です