[Laravel] 配列&オブジェクトのヘルパー関数 (1)

公式サイトを見て知識を入れる。

Helpers – Laravel – The PHP Framework For Web Artisans
https://laravel.com/docs/master/helpers

Arr::accessible($value)

与えられた値が配列アクセス可能か調べる。

Arr::add($array, $key, $value)

与えられたキーがまだ配列中に存在しない、あるいはキーは存在するが値がnullならば、キー/値のペアを配列に追加する。

Arr::collapse($array)

配列の配列を単一配列に変換する。

Arr::crossJoin(…$arrays)

与えられた複数の配列を交差結合(cross join)して、すべての可能な組み合わせを持つデカルト積を返す。

Arr::divide($array)

与えられた配列に関して、キーを格納する配列と値を格納する配列の2つを返す。

Arr::dot($array, $prepend = ”)

多次元配列を、深さを示すドット表記を使った単一配列に変換する。

Arr::except($array, $keys)

与えられたキー/値のペアを配列から削除する。

Arr::exists($array, $key)

与えられたキーが配列中に存在するか調べる。

Arr::first($array, callable $callback = null, $default = null)

与えられた判定にマッチした最初の要素を返す。

マッチしなかったときに返すデフォルト値を3番目の引数に指定できる。

Arr::flatten($array, $depth = INF)

多次元配列を単一配列に変換する。

Arr::forget(&$array, $keys)

ドット表記を使ってネストが深い配列から与えられたキー/値のペアを削除する。

Arr::get($array, $key, $default = null)

ドット表記を使ってネストが深い配列から値が取得する。

指定されたキーが配列中に存在しない場合に返すデフォルト値を3番目の引数に指定できる。

Arr::has($array, $keys)

ドット表記を使って配列中に項目(または項目群)が存在するか調べる。

続く