[Apache] event MPMはSSLではworker MPMになるのか

スタンフォード大学のApache 2.4ドキュメントにそういった記載がある。更新日時は書かれていないが、フッタの著作権表記は2012年と古い。

event – Apache HTTP Server
http://webauth.stanford.edu/manual/mod/event.html

How it Works
The improved connection handling does not yet work for certain connection filters, in particular SSL. For SSL connections, this MPM will fall back to the behaviour of the worker MPM and reserve one worker thread per connection.

本家ドキュメントに当たってみる。該当ページには明確に「SSLでは」と書かれていないものの、同じような表記がある。「eventと互換性が無いと謳っている特定のコネクションフィルターに関しては」といった言い回しだけど。こちらも更新日時は見当たらないが、フッタの著作権表記は2019年と新しい。

event – Apache HTTP Server Version 2.4
https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/event.html

Limitations
The improved connection handling may not work for certain connection filters that have declared themselves as incompatible with event. In these cases, this MPM will fall back to the behavior of the worker MPM and reserve one worker thread per connection. All modules shipped with the server are compatible with the event MPM.

日本語のブログ記事に同じような記述があった。しかし、この記事も作成日付は2013年と古い。

Apache2.4新機能 ~MPMのevent~ その2 | しんじつのなみだ
http://apache24.jugem.jp/?eid=6

mod_eventの制約
ただし、mod_eventのこのkeepaliveの恩恵を受けられるのはHTTP通信の時だけです。
SSL通信を行う場合は、worker坂と同じになります。すなわちHTTPSとしてApacheをサービス提供するときは、mod_eventを使ってもkeepaliveの待ち時間は他の人からのリクエストを処理できません。

はっきりしたことは自分で調べるしかないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です