[Composer] 基本的な使い方

composer.json

  • composer.jsonが必要
  • composer.jsonはプロジェクトの依存関係を記述する
  • composer.jsonにはその他のメタデータを含めることもできる

依存関係のインストール

  • 依存関係のインストール後にはcomposer.lockが生成される
  • composer.lockにはインストールされたバージョンのリストが記される
  • install実行時にcomposer.lockが存在するときは、リストされているバージョンをダウンロードする
  • composer.lockを配布することで、チーム内で依存関係を揃えることができる

依存関係の更新

  • 最新の依存関係がインストールされる
  • composer.lockも併せて更新される

Packagist – Composerリポジトリ

Packagist
https://packagist.org/

オートローディング

  • オートロード指定されたライブラリに関しては、vender/autoload.phpが作成される
  • vender/autoload.phpをインクルードすることでオートロードされる
  • オートローダーはPSR-4準拠
    PSR-4: Autoloader – PHP-FIG
    http://www.php-fig.org/psr/psr-4/
  • PSR-0にも対応、またComposer独自のオートローダーもある
  • composer.jsonにautofieldが追加されたら、vender/autoload.phpを生成しなおす必要あり
  • vender/autoload.phpの再生成

参考サイト

Command-line interface / Commands – Composer
https://getcomposer.org/doc/03-cli.md

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です