[C#] テスト自動化ライブラリFriendlyを試す

Windowsアプリのテスト自動化ツールを探していたらFriendlyというオープンソースのライブラリが見つかった。どういう仕組みで動くのか試してみたい。このライブラリに言及した記事を探したら以下がヒット。書かれたのは2014年と古い記事なので、この記事をなぞって自分で試してみる。

Friendlyエバンジェリストはミニスカサンタ – xin9le.net
http://blog.xin9le.net/entry/2014/12/22/000057

なお、本家リポジトリはこちら。

GitHub – Codeer-Software/Friendly
https://github.com/Codeer-Software/Friendly

SampleApp (ターゲットアプリ) 作成

– Windows Form App (.NET Framework)
– テスト用にプロパティとメソッドを追加

Form1.cs

TestApp (テストアプリ) 作成

– Console App (.NET Framework)
– Manage NuGet Packages…
– Codeer.Friendly by Codeer v.2.5.2
– Codeer.Friendly.Windows by Codeer v.2.9.0

Program.cs

ビルドして実行。TestAppからSampleAppのプロパティにアクセスしたり、メソッドを呼び出すことができた。そういう風にして外部アプリからターゲットアプリを操作して自動テストを行う仕組みらしい。

商用ツールにはテストケースをUIを使って定義できるものがあるが数十万円のコストがかかる。それに対して、Friendlyはテストケースをコーディングする手間がかかるけどオープンソースなので無料で使える。役立つシーンはありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です