[Laravel] 認証にJWTを使ったAPIサーバーのサンプル

APIサーバーを作る必用に迫られていたところへ良く出来たサンプルを見つけたので覚書リンク。APIサーバーの何たるかとLaravelでの実装例を同時に学ぶことができて有益。作者に感謝。

How to Build an API-Only JWT-Powered Laravel App — SitePoint
https://www.sitepoint.com/how-to-build-an-api-only-jwt-powered-laravel-app/

認証にはJWT (JSON Web Token)を使っている。

JSON Web Tokens – jwt.io
https://jwt.io/

このサンプルが利用するモジュールは以下3つ。

GitHub – dingo/api: A RESTful API package for the Laravel and Lumen frameworks.
https://github.com/dingo/api

GitHub – tymondesigns/jwt-auth: JSON Web Token Authentication for Laravel & Lumen
https://github.com/tymondesigns/jwt-auth

GitHub – barryvdh/laravel-cors: Adds CORS (Cross-Origin Resource Sharing) headers support in your Laravel application
https://github.com/barryvdh/laravel-cors

途中段階のプロジェクトがGitHubにある。これをベースに記事を読みながらコードを追加すれば完成する。リポジトリはLaravel 5.4ベースだけど記事は少し古いバージョンのLaravelベースなので、コードを若干いじる必要あり。

GitHub – francescomalatesta/laravel-api-boilerplate-jwt: An API Boilerplate to create a ready-to-use REST API in seconds.
https://github.com/francescomalatesta/laravel-api-boilerplate-jwt

APIのテストにはPostmanが超便利。API開発には必須のツールだな。

Postman | Supercharge your API workflow
https://www.getpostman.com/

同じ作者によって、このAPIサーバーを使ったAngularJS製のフロントエンドのサンプルも公開されている。時間があるときに、こちらも勉強してみたい。

How to Consume Laravel API with AngularJS — SitePoint
https://www.sitepoint.com/how-to-consume-laravel-api-with-angularjs/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です